お知らせ INFOMATION
 
伊藤久美わらべ絵展
 
1

聖路加画廊

2011年9月5日(月)〜11日(日)

am9:00〜pm5:00 土・日am10:00〜pm4:00

会期中作家在廊

聖路加画廊〒104-8560 東京都中央区明石町9-1聖路加国際病院1F
   地下鉄日比谷線築地駅下車歩5分

 
 

上海アートフェア

2011年9月14日(月)〜18日(日)

上海貿易センター(虹橋開発区)
アメリカンパピリオン(ブースNO.AP09)
笛吹童子,蓮華幻想,四季のわらべを出品

SHANGHAI  ART FAIR
SEP.14〜18.2011
SHANGHAI MART ( HONG QIAO )
AMERICAN PAVILION ( AP 09 )

 

 
.
板絵について
.
現在、地球全体でCO2を減らして緑を守る運動がさかんに叫ばれていますが、山や森の木を 健全に育てるために伐採する間伐材の活用、商品化に少しでも役立ちたいと思いました。
 私のわらべ絵の世界が木や板の自然の肌合いに何かとてもマッチするような気がして、画材として今色々と実験を重ねています。
板の塗り絵
紙のぬり絵とはひと味ちがう、ユニークな「板」のぬり絵です。
 木肌や木目の自然の模様をそのまま生かして、直接絵具で着色します。(日本画の顔彩が最適ですが水彩絵具やアクリル絵具でも可能です。)着色の参考見本がついていますが描き方は自由です。背面に付属の棒を差しこむだけで立てて飾ることができます。ちょっと上級向けの趣味の画材に、お部屋の「和」のディスプレイに、そしてリハビリやプレゼントに、海外のおみやげにもぜひどうぞ。
 板のぬり絵はまだ試行段階のため大量生産が出来ず、市販もしておりません。私の個展会場ではできるかぎりお見せしますが何かのイベント会場やミニ教室で指導、販売することもできます。その際は画材はこちらで用意しますし、一点につき材料費1000円のみで完成まで約2時間前後、1日(10〜15時くらいまで)10〜30人ぐらい指導できます。
 

場所と企画をお持ちの方は
 
間伐素材開発研究所ミサト商会TEL 03-5294-3666
か、叉は直接、作者
伊藤久美TEL・FAX 045-324-7479
までお問い合わせ下さい。

スナップショット   SNAPSHOT
2007.in PARIS
2008. in NEW YORK
2008.in LONDON
2007. in HO CHIMINN
2009. in SINGAPORE
2009.inBANGKOK